水いぼ感染防止

【知らないと危険】水いぼ感染を防止方法!

水いぼは人から人にうつります!子供が外から水いぼをもらってきて、それが家族間でうつるという事も水いぼに対しての知識が薄い場合は少なくない話です。

 

ですが水いぼが家族に感染する前に、感染してからでも知っていてほしい水いぼ感染対策を紹介してみたいと思います!

 

水いぼが感染してしまう行為

水いぼが感染してしまう行為を知っているだけでも感染を抑止することができます。ここではその行為を紹介してみましょう!

 

@水いぼにかかっている人が水いぼをかいてしまった手で何かに触れる、その触れたものに触ってしまう

 

A水いぼにかかっている人が水いぼをかいてしまった手に触る

 

B水いぼに直接触れる

 

C水いぼにかかっている人と同じ湯船(お風呂)につかる

 

Dお風呂で同じタオルを共有して使う

 

上から順に感染率がが低いに純に並べてみました。下に行くほどその行為をすれば感染率高くなります。

 

水いぼ感染行為を詳しく解説

 

それでは水いぼが感染してしまう行為を簡単に解説してみましょう!

 

@の解説ですが、水いぼにかかっている人が水いぼがかゆくて手で水いぼをかきむしったとします、その手でリモコンを使用したとしましょう!そのリモコンをあなたが使用したとした場合水いぼが感染する確率がでてきます。

 

ですがこれに関しての感染率は高くないので安心してください。

 

対策として感染している方、家族の方は手を洗うことを習慣化すれば全然予防できます。

 

Aの感染者が水いぼをひっかいた手に触れるも同じことが言えるのですが、しっかり手を洗うことを習慣化すれば予防できますね!

 

Bここから感染率はぐんと上がります!水いぼ治療の為に水いぼにかかっているの水いぼに触れる機会は少なくないと思います。

 

この感染についての原因なのですが、水いぼの中に白いカタマリがあります、この白いかたまりは感染者の体の状態によってサラサラのチーズみたいな粉だったり、ドロドロした白い液体になったり変化するのですが、この白い塊が感染する菌を含んでいる言わば菌の巣窟になっています。

 

ここにふれる、ことで感染のリスクが飛躍的に高まるのですが、ここに触った後は入念に手を洗うように心がけて下さい。この手を洗うは@〜Bまで全て共通するこですね!

 

CとDはともにお風呂での感染になりますが、同じお風呂につかることをさけてシャワーだけにする、同じタオルを使わないという行為で防ぐことができます!

 

めんどくさいと思う人もいるかもしれませんが、このお風呂場は感染率が最も高いのでそのくらいの構えが必要になってきます。

 

 

 

みずいぼ感染に関するまとめ

同じ環境に住む方は水いぼに関しての知識がj必要になってきます。

 

感染してしまう前に知っておく、感染してからでも知っていればそれ以上の悪化を防ぐことができすからね!

 

毎日の手洗いの習慣化も大切ですし、お風呂場での行為に注意してほしいとおもいます。

 

ちなみに木酢液けんきの滴はお風呂での使用も可能となっています、湯船にけんきの滴キャップ2配分を混ぜて使う事で水いぼ感染の防止、さらには水いぼに木酢液成分が浸透し治療の効果も得られます!よろしければ参考にしてください。